大手メーカーに発注する家造り

大手メーカーの家造りの特徴

家造りを大手メーカーに依頼する最大のメリットは工事の安定した品質です。メーカー自体が工事を行うのではなく、メーカーから指定された専門の施工業者が家造りを実施するので地域に関係無く、工事の品質を一定…

Learn more

大手メーカーに発注するメリット

街の工務店や建築事務所は、実物を見られる住宅展示場を用意していないこともあり、どのようなクオリティで家作りをしてくれるか知るのが難しい場合もあります。公式ホームページに載っている作成事例を見たとし…

Learn more

大手メーカーに発注する際の注意点

家造りを大手メーカーに発注するのは大きな会社だから工事の質も良いことを期待できるメリットがあります。また、地域に関係無く、均一の料金で利用できるのも大手ならではの特徴です。その一方で大手メーカーの…

Learn more

地域密着スタイルの工務店に発注する家造り

こだわりの家造りを実現するのであれば、注文住宅に特化した地域密着スタイルの工務店の選択がベストであるとの声も数多く、感謝と推薦を伝える体験談はいずれもが説得力十分です。ここでは以下、大手企業とは違う、工務店ならではの特徴や魅力を検証していきたいと思います。

工務店の家造りの特徴

工務店に発注するメリット

工務店に発注する際の注意点

話を聞いてくれる工務店を選ぶ

地域密着型で家を建築してくれる工務店は使いやすいサービスです。工務店に建築の依頼をするときには注意点がいくつかあります。基本的に家を建築してもらうのはお客さん側です。工務店は依頼を受けて住宅建築をします。そこでお客さんの要望をしっかり聞いてくれる工務店か確認しましょう。例えば風通しのよい住宅にしたいという要望を聞いてくれるかチェックしておきます。予算に見合った建築をしてくれるか見ておくと満足できる住宅建築ができます。逆にお客さんの要望を聞かずプランを押し売りしてくる工務店は気をつけておきましょう。工務店はいくつか見て回って話を聞くことでどのようなサービスなのかわかります。また利用した方の口コミなども見ておくとよいです。

建築基準法に適合したサービスを使おう

住宅建築をするときには建築基準法や地域の条例に適合している必要があります。これは行政の審査を受けて合格しないといけません。基本的に行政が許可を出してない工務店は営業ができないので注意が必要です。工務店だと4号特例という処置が施されていて、多くの審査が省略されています。どういうことかというと耐久性や省エネ性などの審査をしっかり行っていない工務店があるということです。どうすれば質の高い工務店を見抜けるのかというと、構造計算書が確認申請されているのかチェックをしましょう。これが提出されている工務店なら安心して住宅建築の依頼ができます。家は非常に高い買い物です。災害で壊れてしまうと大損をしてしまうので構造計算書は確かめておくのが基本です。